英会話ベアリング

英会話ベアリング

英会話をスムーズに学ぶためにも

まず初めに、英語でコミュニケーションを取ることは、日本人にとって勇気が必要なことです。もちろん、母国語ではありませんので、間違えることもあるでしょうし、発音も完璧ではないのは当然のことです。むしろ、初めてのことなのに「まちがえるな」「発音を完璧に」というほうが無理があるでしょう。誰だってはじめは戸惑いますし、間違うことはごくごく自然なことです。

 

とはいえ、ついつい上手く言えないとか、文法が間違ってないかとか、発音がおかしくないか、とか気にする人も実際少なくないでしょうし、きになってしまう人も大半でしょう。しかし、英語圏で普通にネイティブの英語を話してる人間は、例えば英語を母国語としていない日本人のような人たちが英語を話す場合、発音が違っていたり文法が不自然だった場合でも、あちらとしては気にしません。過剰に思ってしまうのは話せない私たちというのもふつうのことです。むしろ、ネイティブにとっては、日本人であれば、英語があまり上手くなくても織り込み済みの場合も少なくありません。

 

ポイント

・英語を間違う。発音も間違う。は当たり前のこと
・ネイティブは私たちに「完璧は求めてない」
・ゴールはコミュニケーションをとること。「完璧」ではない

 

 

日本の学校教育

日本人が長らく習得してきた学校での英語教育は、テストありきの勉強方法でした。勉強してきたことを思いだせば一目瞭然です。英会話の練習と実践をしてきたことは極めて稀でしょう。

 

学校教育では、○×で正解不正解を出せることを前提としてましたので、どうしても正しい文法とか正しい発音・発音について厳格にならざるを得ないという強制力がありました。それは一理あるのですが、それ故に日本人が英語でコミュニケーションを取ることに躊躇するようになったのも理由のひとつでしょう。

 

英会話を勉強するのであれば、もっと気軽に、失敗を恐れずにネイティブの人と英語でコミュニケーションを取っていくべきですし、それが大切なマインドになります。

 

 

英会話ベアリングのポイント

◆間違えて当たり前
◆コミュニケーションが取れることがゴール
◆英会話は実践が一番

 

英語を聞く耳を作るための英語になれるならコチラ

>>海外雑誌.com

 

英会話の勉強のおすすめサイト

>>ゴーアブ

 

おすすめの英字新聞紹介サイト

>>英字新聞.net